上江洲 義秀プロフィール


 

  

 久米三十六姓の末裔の一人・謝名利山(じゃな りざん)の流れを汲む上江洲家の長男として、1950年沖縄県北谷町に生まれる。

 幼い頃から霊的能力に目覚め「人間、死んだらどこに帰るんだろう」と、“命”の追求をはじめたのはわずか2歳の頃。

 小学校に入学するが、学校にはほとんど通わず、海や山や川に出かけては大自然を教師に学ぶ。

 

 1965年15歳、家族とともに、先にアルゼンチンに渡っていた祖父の元に移住。

 南米・ジャングルでの破天荒な体験は光話にもたびたび登場する

 

 1972年 沖縄返還の年、22歳で帰国。

「盲人よ、目を覚ましなさい」。

 内なるその声に導かれ、雨の日も台風の日もたとえ寝食を忘れても、一日も欠かすことなく十数年、

真栄田岬で終夜明想を続けた後、完全覚醒に到逹する。

 

 1988年 沖縄から山梨県に住居を移し、セミナー活動を展開。その活動は国内のみにとどまらず、

2008年2月のカナダ・バンクーバーセミナーを皮切りに、中国、台湾、タイ、フランス、イギリス、ノルウェー、アメリカ、インド、ペルー、韓国など、これまで12カ国、通算100回以上にも及ぶ海外セミナーを開催。

1年365日全国・全世界に愛の伝燃…真理探求の火を灯している。

 

 真実の自分は何者なのか? 

 

 自ら手にしたその答えに導くために光話・明想指導・ヒーリングをとおして「明想すること」、

「思い・言葉・表現を修正すること」、そして「努力」の大切さを説き、実生活での実践を促す。

 すべてを思いやり、いたわり、愛を実践するその姿が「生きる聖書」となり、多くの兄弟姉妹に深い気づきをもたらす。

 体験・実感から引き出される光話、その言葉ひとつひとつが、細胞まで深く浸透し魂を大きく揺さぶる。